メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

事故根絶、願いの大輪 死亡男児の両親配った種 白浜署 /和歌山

ヒマワリの手入れをする白浜署の署員ら=和歌山県警白浜署で、砂押健太撮影

 白浜署の入り口付近にある花壇で、ヒマワリが大輪の花を咲かせている。2011年に交通事故で亡くなった京都府の男児(当時4歳)が育てていたヒマワリがルーツの種をまき、成長させることに成功した。馬倉実次長は「咲かせることができてよかった。遺族の意思を継いで、交通安全と命の大切さを伝えるきっかけにしたい」と話している。【砂押健太】

 京都府警を中心に全国に広まっている「ひまわりの絆プロジェクト」の一環で育てた。プロジェクトは、事故…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです