メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画の魅力で地域活性化 錦織監督、別所さんらシンポ 150人が参加 松江 /島根

地方での映画撮影について意見を交わす別所哲也さん(左端)や錦織良成さん(右端)ら=松江市殿町の県民会館で、鈴木周撮影

 「地方と映画」をテーマにしたシンポジウムがこのほど、松江市殿町の県民会館であった。出雲市出身の映画監督、錦織良成さん=写真右端=や俳優、別所哲也さん=同左端=ら6人が地方での映画撮影の魅力などについて議論した。錦織監督が塾長を務め、学生や会社員らが短編映画の制作を経験する「しまね映画塾」が企画し、約150人が耳を傾けた。

 鳥取県境港市出身で読売テレビチーフプロデューサーの結城豊弘さんは錦織監督の「RAILWAYS 49…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです