メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石綿除去訴訟で国と企業が和解 松江地裁 /島根

 県西部の企業が国所有建物を購入後、建物から飛散性のアスベスト(石綿)が見つかったとして、国に除去費用などの損害賠償約528万円を求めた訴訟の和解が11日、松江地裁(堀部亮一裁判長)で成立した。国は企業に和解金350万円を支払う。企業は国の説明義務違反により損害を受けたとして昨年6月に提訴していた。

 原告側の代理人弁護士によると、企業は2…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文374文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ヘンリー王子夫妻引退 厳しい条件「自由の代償」英メディア分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです