メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

じこじこ

大舞台を楽しんで /高知

 高知市営球場で社会人野球の日本選手権四国予選があった。県勢の四国銀行(高知市)は2次予選で敗退し、4年連続で本大会出場を逃した。具体的な敗因の一つは長打が少ないことだ。本塁打は四国予選で無く、今シーズンを通しても5本しかない。

 「長打が打てる選手になってほしい」。宗武秀幸監督が期待するのは、入部1年目の南武志捕手と橋川亮佑外野手。2人とも高校時代に甲子園を経験している。南選手は土佐高の出身で6年前のセンバツに出場。その後、主将…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「特別定額給付金」対象外の新生児に独自支援金10万円 札幌市

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸水を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 香川ゲーム条例 違憲訴訟を起こす高校生を突き動かした思いとは

  4. 市役所駅を「名古屋城」に? 名古屋市営地下鉄の新駅名を検討 有識者懇談会

  5. オンライン授業「復習しやすい」けど「集中続かない」 岡山大生が実態調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです