メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

じこじこ

大舞台を楽しんで /高知

 高知市営球場で社会人野球の日本選手権四国予選があった。県勢の四国銀行(高知市)は2次予選で敗退し、4年連続で本大会出場を逃した。具体的な敗因の一つは長打が少ないことだ。本塁打は四国予選で無く、今シーズンを通しても5本しかない。

 「長打が打てる選手になってほしい」。宗武秀幸監督が期待するのは、入部1年目の南武志捕手と橋川亮佑外野手。2人とも高校時代に甲子園を経験している。南選手は土佐高の出身で6年前のセンバツに出場。その後、主将…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  2. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  3. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  4. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです