メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

基準地価 地方商業地上昇 1991年以来 再開発・訪日客増

圏域別の地価変動率

 国土交通省が19日発表した7月1日時点の基準地価は、東京、大阪、名古屋の3大都市圏を除く地方圏で商業地が前年比0・3%上昇し、1991年以来28年ぶりにプラスに転じた。市街地で進むオフィスやホテルなどの再開発や訪日客の増加を背景に札幌、仙台、広島、福岡の4市の高い伸びが地方圏全体を押し上げた。バブル景気崩壊による地価下落からの回復が地方でも本格化し始めている。

 全国平均(全用途)の変動率は前年比プラス0・4%となり、2年連続で上昇した。そのうち商業地はプラス…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです