メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島第1原発事故 東電旧経営陣3人無罪 解体、トラブル続き 廃炉も経営も難航

福島第1原発の廃炉作業を視察する国際原子力機関の関係者=福島県で2018年(東電提供)

 東京電力福島第1原発事故を巡り、旧経営陣の3人が刑事責任を問われた裁判。地震や津波の可能性の指摘に対し十分な安全対策を取ったかどうかが争点となった。東電は事故後に公表された新たな巨大地震の可能性には、すぐに対策に乗り出した。しかし福島第1原発の廃炉作業は順調ではない上、福島第2原発の全4基の廃炉も決めており経営面でも厳しい状況が続く。【荒木涼子、岩間理紀、奥山智己】

 東電は現在、福島第1原発1~4号機の海側に、2020年度中の完成を目指して全長約600メートルの新たな防潮堤を整備中だ。将来、巨大地震の切迫性が高いことが分かり、何も対策を取らなければ、再び津波被害を受け廃炉作業に大きな影響が出ると予想されるからだ。

この記事は有料記事です。

残り1701文字(全文2012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  2. 北朝鮮の元クウェート大使代理が韓国に亡命 妻子も同行「子どもにより良い未来を」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです