メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

東日本大震災 福島第1原発事故 東電旧経営陣無罪 過失の立証、壁高く 「絶対的安全」前提とせず

検察官役の指定弁護士と被告側の主張

 東京電力福島第1原発事故を巡り、強制起訴された東電旧経営陣3人に対する19日の東京地裁判決は、事故が起きる前の社会通念などに照らしつつ、巨大津波が襲来するとした試算の根拠には疑いがあるとして無罪を導いた。改めて過失罪立証に対するハードルの高さを示した。

 判決は、事故が起きる前の科学的知見や原発を取り巻く社会情勢、安全対策を前提として、津波による事故を予測できたかを詳しく検討し、当時の原発に求められていた安全性確保の枠組みを超えて刑事責任を負うことにはならないとした。自然災害による原発事故は正確に予知することが困難とされる中、判決は重大事故で個人の刑事責任を問うことの限界を示した。

 「事故の結果は重大で取り返しがつかないが、少なくとも地震発生前の時点で、(原発の)絶対的安全性の確…

この記事は有料記事です。

残り2853文字(全文3197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです