メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野党、統一会派を結成 政策隔たり課題 立憲・国民・社保

統一会派運営で足並みはそろうか?

 立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎両代表は19日、国会内で衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」(社保)の野田佳彦代表を交えた党首会談を開き、秋の臨時国会から衆参両院で統一会派を結成することで最終合意した。「自民1強」に対抗する構えだが、立憲・国民の主導権争いもあり、8月20日の党首間合意から1カ月を要した。政策面の隔たりも依然抱え、足並みをそろえられるか試されそうだ。【浜中慎哉、野間口陽、東久保逸夫】

 「より大きな構えで、より力強く、政府に対して問題点を明らかにしていく」。枝野氏は党常任幹事会であいさつし、臨時国会で安倍政権に対する追及を強める姿勢を鮮明にした。統一会派は衆院117人、参院61人となる見通し。特に衆院は現在の立憲会派(70人)から大幅増となる。

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです