メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

変化の時だからこそ

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 ジャーナリストの加藤長(ひさし)さん(75)が7月、「令和の葬送 ~戒名はいらない!」を出版した。日本の葬儀や墓は平成期に大変容した。そのことは私も書いてきたが、加藤さんの博覧強記ぶりには脱帽である。

 巻末の参考文献が何と140冊近くもある。アリエスの名著「死と歴史」から万葉集、柳田国男らの著作を読み込み、山田慎也、碑文谷創、小谷みどり、井上治代といった当代の研究者の考察を通して考えた。もちろんジャーナリストとして「いま」の現場を歩く。人気のロッカー式納骨堂、樹木葬、少人数の家族葬も、実際、見てみた。

 全編、事実を積み上げて静かな筆致を通した。ただ「戒名」に関する部分だけは違った。仏教伝来の歴史をひ…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです