メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

変化の時だからこそ

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 ジャーナリストの加藤長(ひさし)さん(75)が7月、「令和の葬送 ~戒名はいらない!」を出版した。日本の葬儀や墓は平成期に大変容した。そのことは私も書いてきたが、加藤さんの博覧強記ぶりには脱帽である。

 巻末の参考文献が何と140冊近くもある。アリエスの名著「死と歴史」から万葉集、柳田国男らの著作を読み込み、山田慎也、碑文谷創、小谷みどり、井上治代といった当代の研究者の考察を通して考えた。もちろんジャーナリストとして「いま」の現場を歩く。人気のロッカー式納骨堂、樹木葬、少人数の家族葬も、実際、見てみた。

 全編、事実を積み上げて静かな筆致を通した。ただ「戒名」に関する部分だけは違った。仏教伝来の歴史をひもとき、いまの葬儀スタイルがつくられてきた過程を示したうえで、加藤さんは「死後戒名」という制度を「日本独自の不要な習俗」と厳しく批判。「希望者にだけ与える方式でどうか」と提言した。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです