メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港、闘うボランティア デモ最前線、救護へ

マスクや傘で催涙ガスから身を守ろうとするデモ参加者=香港中心部で2019年9月15日、ロイター

 香港で6月上旬から続く政府への抗議デモでは、警察との衝突で負傷者が続出している。政府に抗議の意思を示して自殺する若者も相次ぐ中で、精神的なショックに苦しむ市民も多い。現場でデモ参加者らの救急治療や心理カウンセリングに当たるボランティアを取材した。【香港で福岡静哉】

 現場で救護ボランティアの姿に気づいたのはデモ本格化から8日後の6月17日。初めて大規模な衝突が起きた5日後のことだった。ヘルメットに赤十字のような赤い十字のマークを張った若者たちが、催涙ガスを浴びて苦しむ人たちにペットボトル入りの水を手渡していた。催涙ガスを浴びたら、大量の水でガスを浴びた部分を洗い流すことが先決だからだ。

 衝突の最前線では、若者らがレンガや火炎瓶を投げ、警官隊は催涙弾やゴム弾で応戦する。流血の事態も相次…

この記事は有料記事です。

残り2887文字(全文3233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです