メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平壌共同宣言、署名1年 南北、縮まらぬ距離 関係改善、米朝頼み

平壌共同宣言1周年の記念行事に合わせ、展示された当時の写真パネル=ソウルで2019年9月19日、渋江千春撮影

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が昨年9月に平壌で行われた南北首脳会談で「平壌共同宣言」に署名してから19日で1年を迎えた。文政権は引き続き対話を通じた平和構築を訴えているが、北朝鮮は韓国に対して冷淡な態度を取り続けている。南北関係の行方は再開の時期に注目が集まる米朝交渉の進展に委ねられている状態だ。【ソウル渋江千春】

 「これ以上遅らせてはいけない。待ってもいけない。米朝双方が、今の大切な機会をおろそかにしないと信じている」。韓国統一省がソウルで19日に開いた記念行事で、金錬鉄(キムヨンチョル)統一相は今月下旬にも再開の可能性がある米朝間の実務協議に期待を込めた。その上で、「我が政府もできるすべての役割を果たす。実務協議で良い成果が出せるよう、米国側と緊密に協力し、南北間の対話と(意思)疎通のチャンネルもいつも…

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです