メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

果断猛進

ラグビーW杯2019 きょう開幕 南半球勢優位に異変=薫田真広

 世界のラグビー界は長年、南半球優位の状況が続いていた。特に前回の2015年ワールドカップ(W杯)イングランド大会はニュージーランド(NZ)、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチンと南半球のチームが4強を独占した。

 しかし、今大会は勢力図が塗り替えられるかもしれない。欧州勢の充実ぶりが目立ち、北半球から2チームが4強入りするかもしれない。優勝候補筆頭は史上初の3連覇が懸かるNZだが、03年W杯オーストラリア大会で欧州勢として初めて優勝したイングランド以来となる北半球のチームが頂点に立つ可能性もある。

 NZはけが人が続出し、約1カ月前にあった南半球4カ国対抗でオーストラリアに敗れるなど、状態が不安視…

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1158文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです