メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲノム編集食品、表示義務なし 販売業者らに自主的記載呼び掛け 消費者庁

 消費者庁は19日、遺伝子改変技術を使って農水産物の大きさや成分を変えたゲノム編集食品について、表示を義務付けないことを発表した。消費者が商品を選択できる情報を求める声を受け、伊藤明子長官は19日の記者会見で、開発・販売業者らに「できるだけ表示してほしい」と自主的な表示を呼びかけた。表示方法は、包装容器への記載や売り場での掲示、ウェブサイトでの情報提供などが想定される。

 ゲノム編集食品の大半は、元々持っている遺伝子の一部を取り除くなどの方法で製造され、外部の遺伝子を加…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文477文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです