メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞、安定提供へ 京大研究所、一般財団法人設立

 京都大iPS細胞研究所は今月、再生医療用のiPS細胞(人工多能性幹細胞)の備蓄事業(ストック事業)を外部に移管するため、一般財団法人「京都大学iPS細胞研究財団」を設立した。同事業を大学から独立させ、iPS細胞を低コストで安定的に医療現場に提供する狙い。代表理事に同研究所の山中伸弥所長が就任した。

 同研究所によると、設立は6日付。理事は、iPS細胞を用いた角膜治療に取り組む西田幸二・大阪大教…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです