メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

父の背中見つめ飛躍 ジョセフジャパンの「申し子」 SO田村優選手

南アフリカとの壮行試合でトライ後のゴールを決めるラグビー日本代表の田村優選手=埼玉・熊谷ラグビー場で2019年9月6日、藤井達也撮影

 ロシア戦に臨む日本代表の先発メンバーに名を連ねた田村優選手(30)=キヤノン=は、司令塔のスタンドオフ(SO)として攻守のかじ取りを担う。ラグビー指導者だった父誠さん(57)に支えられ、飛躍を遂げた田村選手は「絶対にベスト8に入り、日本にインパクトを与えたい」と誓う。

 W杯前哨戦となった7月27日のフィジー戦。田村選手はボールを蹴り、左サイドを駆け上がったバックスの福岡堅樹選手(パナソニック)にパスしてトライを演出した。キックを戦術の柱とするジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)の信頼は厚く、「申し子」と言える存在だ。

 そんな長男のプレーを見守った誠さんは「(好不調の)波が少なくなった。大人になった」と感じた。父は東…

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. ORICON NEWS 池田エライザ、胸下ロングヘアで印象ガラリ 「幼く見える」「だれかわからへん」

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 編集部のよびかけ 女性天皇 認められるか ご意見募集

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです