メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 阪神・近本、セ新人最多154安打 ミスター超え 「配球メモ」で迷いなし

【阪神-ヤクルト】セ・リーグ新人シーズン最多安打記録を更新し、記念ボードを掲げる阪神の近本=阪神甲子園球場で2019年9月19日、平川義之撮影

 阪神の近本光司外野手(24)が19日のヤクルト戦(甲子園)で今季の安打数を154に伸ばし、セ・リーグの新人シーズン最多安打新記録を樹立した。1958年に長嶋茂雄(巨人)が放った153安打を抜いた。プロ野球記録は56年に佐々木信也(高橋)がマークした180安打。

 18日の3安打でリーグ記録に並んでいた近本は、一回に右前打を放った。

 一塁に到達し「154」と書かれた記念のボードを阪神の近本は、うれしそうに両手で掲げた。

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  3. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです