メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所 貴景勝、大関復帰

豪栄道(上)が上手投げで竜電を降す=東京・両国国技館で2019年9月19日、北山夏帆撮影

12日目(19日・両国国技館)

 関脇・貴景勝は妙義龍を立ち合いの突き落としで降して10勝2敗とし、陥落1場所で大関返り咲きを決めるとともに、優勝争いの単独トップに立った。現行制度になった1969年名古屋場所以降、関脇に落ちた場所で2桁勝利を挙げての大関復帰決定は、夏場所の栃ノ心以来で6人目、7例目。12日目での10勝は最速となった。

 3敗は5人。トップに並んでいた明生が隠岐の海に敗れ、ともに9勝3敗。関脇・御嶽海は角番の大関・栃ノ…

この記事は有料記事です。

残り1667文字(全文1884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

  5. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです