メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所 貴景勝、大関復帰

豪栄道(上)が上手投げで竜電を降す=東京・両国国技館で2019年9月19日、北山夏帆撮影

12日目(19日・両国国技館)

 関脇・貴景勝は妙義龍を立ち合いの突き落としで降して10勝2敗とし、陥落1場所で大関返り咲きを決めるとともに、優勝争いの単独トップに立った。現行制度になった1969年名古屋場所以降、関脇に落ちた場所で2桁勝利を挙げての大関復帰決定は、夏場所の栃ノ心以来で6人目、7例目。12日目での10勝は最速となった。

 3敗は5人。トップに並んでいた明生が隠岐の海に敗れ、ともに9勝3敗。関脇・御嶽海は角番の大関・栃ノ…

この記事は有料記事です。

残り1667文字(全文1884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです