メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

ダイナブック 覚道清文社長 社名、ブランド名統一 シャープ傘下で躍進

インタビューに答えるダイナブックの覚道清文社長=東京都江東区で、宮本明登撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 ノートパソコン大手のダイナブックが東芝からシャープ傘下に移って約1年。シャープの経費削減手法を導入し、営業赤字から脱却するなど相乗効果が出始めている。今年1月からは社名とブランド名を統一した。今後は超高精細映像の8Kや次世代通信の5Gの技術を取り入れ、商品網やサービスも強化して国内外での販売増を狙う。覚道清文社長(58)に戦略を聞いた。【聞き手・宇都宮裕一、写真・宮本明登】

 ――昨年10月に東芝からシャープ傘下に入り約1年。どんな効果が出ていますか。

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです