メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド

25年万博、準備加速 博覧会協会、本格始動 建設費、交通網…課題も山積

大阪・関西万博の会場となる夢洲のイメージ図=経済産業省提供

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 2025年大阪・関西万博に向け、運営主体となる「2025年日本国際博覧会協会」が本格始動した。8月に入り1月末の発足時から比較し職員を4倍に増強。万博の具体的な開催計画「登録申請書」の年内策定を目指し、作業を加速させる。一方、万博開催を巡っては会場建設費の膨張をいかに抑えるかといった点や、交通アクセスの充実など課題も山積している。【釣田祐喜】

 経済産業省は7月、有識者会議「大阪・関西万博具体化検討会」の作業部会がまとめた報告書を公表した。報…

この記事は有料記事です。

残り1721文字(全文1967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです