メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

心のトゲ 山口市・仁木美千穂(70歳)

 ある診察室でのこと。うんで赤く腫れた指を見せ「バラのとげを体内で熟成させてしまいました」と私。肉の奥深くに食い込んだ7ミリほどのトゲを器用に取り出し「取ってあげたのだから所有権は僕にあるよ」と老先生はカルテに指を描き、そのトゲをテープで貼り付けた。

 「絵、お上手ですね」とカルテをのぞき込み「そのトゲは私の心のトゲかもしれません」と私。看護師も一緒に笑う。机上の猫の縫いぐるみに目が留まり「猫、お好きですか?」。老先生はいたずらっぽい目で「ちょっと動かしてみようか」とスイッチオン。診察ベッドの…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです