メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院統一会派名 「・」「.」なぜ入り交じる? 背景に各党派のメンツとこだわり

国会議事堂=東京都千代田区で2019年5月1日、川田雅浩撮影

 立憲民主党と国民民主党などが正式合意した参院の統一会派の名前が話題を呼んでいる。名称は「立憲・国民.新緑風会・社民」。目を引くのは国民と新緑風会の間にある「.」。一見、誤植に見えるが、「・」とあえて異なるドットを使用したという。その意図を尋ねられた国民の玉木雄一郎代表が思わず「よく分からない」とこぼすなど、見慣れない表記に戸惑いも広がる。ただ、背景を探ると各党派のメンツとこだわりも見えてくる。

 新しい会派名は各党派を並列で並べたもの。衆参とも各党派名を「・」でつないで名付けた。「『・』でつな…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです