特集

日本国憲法

日本国憲法は、1947年の施行から74年を迎えました。改憲手続きや、内容を巡る議論を追います。

特集一覧

内閣法制局長官、5年ぶりに交代 改憲議論に影響か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第2次安倍内閣以降の内閣法制局長官と主な出来事
第2次安倍内閣以降の内閣法制局長官と主な出来事

 2014年5月から内閣法制局長官を務めた横畠(よこばたけ)裕介氏(67)が11日の内閣改造で退任した。天皇陛下の退位や改元など憲法との整合性が問われる案件が一段落したためで、近藤正春氏(63)が次長から内部昇格した。横畠氏は憲法9条改正に慎重な公明党とのパイプがあっただけに、今回の長官交代は、安倍晋三首相が目指す憲法改正の議論にも影響するのではないかとの見方もある。

 横畠氏在任中の最大の課題は、首相が長年意欲を示していた集団的自衛権の行使容認だった。

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文985文字)

【日本国憲法】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集