メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再生可能エネルギー、経産省が新制度案提示 買値に補助金上乗せで普及促す

経済産業省=東京都千代田区霞が関で、瀬尾忠義撮影

 経済産業省は19日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)に代わる新制度案を有識者会合に提示した。事業用の太陽光発電や風力発電など大規模な再エネが対象となる見込みで、再エネ事業者が電力市場で売る際、買値に国からの補助金を上乗せすることで再エネの普及を促す。

 新制度はFIP(フィード・イン・プレミアム)と呼ばれる。再エネ事業者が発電した電気を卸売市場や相対取引で売る際、まず基準となる「FIP価格」を算出。FIP価格は市…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  4. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  5. ORICON NEWS “リモート笑点”が話題 番組Pが語る「大いなるマンネリ」の大切さと新たな可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです