メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米新補佐官のオブライエン氏は「交渉のプロ」 ポンペオ国務長官が推挙

ロバート・オブライエン氏=AP

 トランプ米大統領は18日、解任したボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)の後任として、国務省の人質問題担当特使を務めたロバート・オブライエン氏の任命を発表した。トランプ氏の方針に忠実なポンペオ国務長官が推薦した人選とされ、今後、トランプ氏の意向をより直接的に反映した外交・安保政策が展開されるものとみられる。

 トランプ氏は訪問先の西部カリフォルニア州の空港で、オブライエン氏を伴って記者団の前に立ち、同氏の起用を発表。「人質交渉で多くの成果を上げている」と手腕を評価した。オブライエン氏は「力を通じた平和の姿勢を取り戻すよう取り組む」などと語った。

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです