メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日韓局長協議、関係好転の見通し立たず

日韓局長協議のため外務省に到着し、記者団に囲まれる韓国外務省の金丁漢アジア太平洋局長(中央)=2019年9月20日午前8時58分、秋山信一撮影

 外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長は20日、同省で、韓国外務省の金丁漢(キム・ジョンハン)アジア太平洋局長と会談した。元徴用工問題で、日本側は賠償命令を受けた日本企業に実害が生じないよう韓国政府が早期に対応策を示すよう改めて要求する。韓国が破棄を発表し11月に有効期限を迎える軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)への対応や、相互の輸出…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです