メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡市、収容の犬猫を民間店舗に 出会いの場作り譲渡支援

 福岡市は20日、市の動物愛護管理センターに収容している猫や犬を、市が認定したペットサロンやペットホテルなどに預けて新たな飼い主を探す制度を始めた。飼育を希望する人がより身近に猫や犬と出会える場所をつくることで、殺処分ゼロを目指す。

 市が運営する唯一の収容施設の東部動物愛護管理センター(東区)では、昨年度猫596匹、犬160匹を収容し、猫182匹、犬60匹が新たな飼い主に譲渡された。極端に弱るなどした個体を除けば、殺処分された犬はゼロだったが、猫は50匹。2015年度の301匹と比べると減少したものの、依然とし…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  3. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

  4. 公営ギャンブル「1000万円以上の的中」徴税強化へ レース実施者、ネット購入情報提供へ

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです