メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

光秀の家紋入り御朱印販売 ゆかりの朝倉氏遺跡で 福井

明智光秀の家紋入りの御朱印(右)。朝倉氏遺跡の唐門が入った御朱印(左)も販売されている=福井市城戸ノ内町の一乗谷朝倉氏遺跡で2019年9月18日午後3時13分、塚本恒撮影

 福井市城戸ノ内町の国特別史跡「一乗谷朝倉氏遺跡」で、来年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の主人公、明智光秀の家紋入り御朱印を販売している。はがき大サイズで1枚300円。販売する朝倉氏遺跡保存協会は「光秀にゆかりのある朝倉氏遺跡を知ってもらうきっかけになれば」と期待している。

 光秀は織田信長の家臣となる前に越前朝倉氏に鉄砲指南役として仕えたとされる。同遺跡ではこれまでにも朝倉義景館…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. ひこにゃんも天皇陛下の即位祝う 日の丸を手に登場

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです