メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「白虎」の壁画公開へ 保存管理施設で キトラ古墳

一般公開されるキトラ古墳壁画の白虎が描かれた西壁=奈良県明日香村で2019年9月19日午後2時32分、藤原弘撮影

 奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末~8世紀初め)の壁画のうち、四神像の一つ「白虎」が描かれた西壁と天文図が描かれた天井の一般公開が21日、「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」のキトラ古墳壁画保存管理施設で始まる。来月20日まで(来月2日と同16日は閉室)。

 壁画は今年7月に国宝に指定された。白虎の斜め下方向に十二支像の「戌(いぬ)」が不鮮明ながら見える。一方、村内の国宝高松塚古墳壁画仮設修理施設では21…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです