メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九大生が運営の塾、授業無料化「教育格差なくしたい」

今後のイベントについて話し合う理事長の藤井崇史さん(中央)ら=福岡市西区元岡の九州大で2019年9月6日午後6時20分、杣谷健太撮影

 経済力による教育格差をなくそうと、九州大の学生らが運営している学習塾「九瑛舎(きゅうえいしゃ)」(福岡市西区)が30日から、新たに授業の無料化に乗り出す。住民税非課税世帯とそれに準ずる世帯の高校生を対象に、授業や家庭教師による学習支援を無償提供する。メンバーは「教育格差をなくしたい」と意気込む。

 九瑛舎は2015年11月に九大生が設立した、主に高校生向けの学習塾。勉強だけでなく、進学後の目標も考えてもらう場をつくるのが目的で、九大生が自身の研究テーマなどをプレゼンテーションするイベントなども開いてきた。今年6月のNPO法人化を機に、メンバーらが関心を持ち続けてきた教育格差の問題にも取り組みを広げることにした。

 今回の無料化では、博多駅前の教室での授業と、家庭教師による学習支援を展開する。また自宅でも見られる有名講師による映像授業も活用するなどして、予習や復習の「学習サイクル」確立をサポート。学力の向上を図り、20年4月に始まる、授業料・入学金減免や返還不要の奨学金が受けられる高等教育修学支援新制度などによる進学につなげる狙いだ。新制度では、進学の目的や学ぶ意欲も重視されるため、進学後の目標を重視してき…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井・勝山市長選 水上氏が初当選

  2. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  3. 岐阜・羽島市長選 松井氏が3選

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです