メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青梅市談合、元建設業協会長に無罪判決 東京地裁立川支部

裁判所=ゲッティ

[PR]

 東京都青梅市発注の工事を巡り、公契約関係競売入札妨害(談合)罪に問われた元青梅建設業協会会長の酒井政修被告(63)に対し、東京地裁立川支部は20日、無罪(求刑・罰金100万円)を言い渡した。野口佳子裁判長は「公正な価格を害する目的を認定する証拠はない」と述べた。

 元会長は、2017年4月の市道改修工事で、入札価格の調整をしたとして起訴された。初公判で起訴内容を認めたが、第2回公判で否認した。

 検察側は元会長の経営する会社が受注した工事は利益が見込め、積極的に受注したい意図があったと主張していた。判決は「元会長が積極的な受注意欲を持っていたとは言えない。採算性の高くない工事だったが、入札が不調になると市に迷惑をかけると考え(応札し)た」と認定した。

 東京地検立川支部の長谷川保支部長は「判決内容を十分検討して、適切に対処したい」とコメントした。【安達恒太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです