メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豚コレラ、農相がワクチン接種表明 感染拡大で方針転換

豚コレラのワクチン接種に向けた会議に臨む江藤拓農相(左から2人目)=東京都千代田区で2019年9月20日午後3時17分、滝川大貴撮影

 江藤拓農相は20日、感染が広がる豚コレラ対策として、養豚場の豚にワクチン接種を実施する方針を表明した。現行の防疫指針は予防的なワクチン接種を認めておらず、指針の改定を急ぐ。製薬会社にはワクチンの増産を求め、感染が集中している地域に限定して接種する方針。記者会見で江藤氏は「発生から1年が経過し、関東という飼養頭数の多い地域に広がる懸念が非常にある」と説明。政府は輸出への影響などを懸念してワクチン接種に慎重だったが、方針を転換した。

 指針の改定では、有識者会議で接種時期や地域の方針を決め、意見公募などの手続きを経て最終決定する。通常は2カ月程度かかるが、江藤氏は「できるだけ短縮したい」と強調。指針改定後、接種の最終判断は各都道府県に委ねられる。ワクチン接種が実施された豚や豚肉の移動は実施地域内に限られ、域外への流通は制限される。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです