メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

停電なぜ長期化したか 予定通り内閣改造、国の初動対応に批判

台風の被害を受けた住宅にブルーシートを張る人たち=千葉県館山市布良で2019年9月20日午後2時12分、小川昌宏撮影

 9日に上陸した台風15号の影響が長期化している。国の対応も後手に回っており、被災者の生活再建に遅れが生じかねない状況だ。

 台風の上陸2日後の11日に予定通り内閣改造を行ったことから、政府に対して野党などから「初動対応が遅い」との批判が出ている。菅義偉官房長官は20日午前の記者会見で「台風の上陸前から関係省庁災害警戒会議を開催するなど適切に対応している」と述べ、一連の政府対応に問題はないとの考えを強調した。

 台風が上陸した9日、政府は被害状況を把握するための自衛隊の連絡員を自治体に派遣。10日には千葉、神奈川両県知事から給水支援や倒木除去などの災害派遣要請があり、同日以降は要請に応じて増員もしてきた。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

  5. 安倍前首相の師、加藤節さんが嘆く哲学の欠如 前政権で始まった「政府の暴走」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです