メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラリンピックチケット販売でトラブル 対象の約2300人には救済措置

東京パラ・1年前カウントダウンセレモニーで壇上に並ぶ国枝慎吾選手(前列左)、小池百合子都知事(後列左)ら関係者=東京都渋谷区で2019年8月25日、手塚耕一郎撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、今月9日に申し込みを締め切ったパラリンピックチケットの抽選販売を巡り、一部で申し込みができないトラブルがあったと発表した。対象となる約2300人には救済措置を取る。

 組織委によると、8日午後6時ごろから9日午前3時半ごろまでの間、申し込みの前段…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 茨城、栃木、群馬で震度4 津波の心配なし

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです