メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

ラグビー日本代表 キャプテン/リーチ・マイケル 「神に誓うな、己に誓え」 代表の誇りを胸に、日本を背負うキャプテンが証明したいこととは

「情熱大陸」に登場するリーチ・マイケル

[PR]

「神に誓うな、己に誓え。」

     この言葉は男のラグビー人生の中で培われた座右の銘だ。

     ラグビー日本代表・リーチ・マイケルがドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、9月22日午後11時~)に登場。ニュージランドの誇りと日本の美徳の両方を併せ持つアスリートだ。

     2015年秋にイングランドで開催されたラグビーW杯、リーチ率いる日本代表チームは予選リーグ初戦で終了間際に逆転トライを決め、優勝候補の南アフリカ代表に歴史的勝利を収めた。世間はこの番狂わせに興奮した。リーチは選手全員がいろいろなことを犠牲にし、4年間ハードなトレーニングをしてきた結果だと言う。チームは3勝1敗という過去最高の成績を残したが、1次リーグ突破はできなかった。

    そして、今年アジア初開催となるW杯日本大会が9月20日に開幕する。

    4年前の善戦を受けて期待が高まる中、リーチはキャプテンとして、新たな目標を立てている。「前大会よりも上の成績のベスト8、またはそれ以上を目指す。そのために必要なことの一つは、最強のキャプテンになる事だ」と言い切った。

    初めてラグビーボールに触れたのは5歳の時、カミナリに打たれたような衝撃が走ったという。以来、彼は楕円球一色の人生を送ってきた。

    15歳で来日し、北海道・札幌山の手高校に留学。日本の選手のラグビーの上手さ、懸命にできるまでひたすらに練習する、適当にしない日本人の勤勉さに驚いた。以来、日本で生活を送りながら、謙虚さや相手を敬う日本人の姿勢を学んだという。

    リーチは2013年日本国籍を取得した。海外出身者が増えたチームの一体感を高めるため、リーチは強化合宿のミーティングでも日本代表として戦う意義と覚悟を伝えてきた。

    「僕は日本で成長させてもらった。ラグビーも日本で上手くなった。留学して15年、人生の半分を過ごした日本でW杯に出られるのは特別なこと。日本人のメンタルの強さ、ラグビーの強さを証明することで恩返しがしたい。」とリーチは言う。日本を代表する選手として迎える3度目のW杯、勝利と伝えたい思いを胸にピッチに立つキャプテン・リーチの姿に迫る。

    <プロフィル>1988年10月7日生まれ、ニュージーランド・クライストチャーチ出身。身長190センチ、体重110キロ。5歳からラグビーを始め、15歳で来日し、北海道・札幌山の手高校に留学。東海大学へ進み2008年に日本代表に選出され、卒業後は東芝ブレイブルーパスへ。同年開催のワールドカップの代表に選出された。2013年には日本国籍取得。翌年の2014年に日本代表キャプテンに就任。2019年、W杯3度目の出場となる。ポジションはフランカー。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

    2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

    4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

    5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです