メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

的川博士の銀河教室 565 人類初の月面着陸から50年/7

[PR]

アームストロングの奮闘

 いったんお休みにしていたアポロ11号の話を再開しましょう。

     相次ぐアラームにもかかわらず、船長のアームストロングとオルドリンの乗った月着陸船「イーグル」が、ついに最終降下に入りました。管制官を率いるクランツがチームを静まり返らせました。「静かにしよう……ここからは、音を出してよいのは燃料噴射(ふんしゃ)だけだ……」

     炎(ほのお)が下向きに噴射され、イーグルの速度が落ちました。アームストロングが、危険いっぱいの任務に当たります。月面はすぐそこにあり、彼(かれ)は着陸船を手動で飛行させなければなりません。キーボードに「進行」と入れました。コンピューターは直ちに降下の作業を助けます。オルドリンが、コンピューターの表示を読み上げてバックアップし、アームストロングは、自分の目と神経を飛行だけに集中させました。

     着陸船の中にいる2人は、椅子(いす)がありません。立ったままで操縦しているのです(写真1)。2人は三角形の窓を通して月の表面を観察しました(写真2)。これまで何度となく訓練を繰(く)り返(かえ)してきたため、2人にとって着陸予定地点は自分の家の近所と同じくらいおなじみになっていました。そして2人はほとんど瞬間(しゅんかん)的に、ここが予定の地点でないことに気づきました。

     「何てこった!」。イーグルは、着陸地点を6キロ以上も行き過ぎてしまっていたのです。アームストロングは、せり上がって来る月面をにらんでいました。彼の指は、手動桿(かん)の握(にぎ)りを強くしたりゆるめたりし、イーグルは秒速3.6メートルで下降しています。逆噴射(ぎゃくふんしゃ)の出力をちょっと上げ、速度を秒速2.7メートルに落としました。

     管制センターでは、恐(おそ)れと期待を抱(いだ)きながら、月面に近づきつつある声に聴き入っています。オルドリンが着陸用レーダーを見ながら、膨大(ぼうだい)な数字を読み上げています。

     アームストロングは窓の外を見てハッとしました。イーグルが向かう先に、サッカー場ほどの大きさのクレーターと岩場が見えています。

     「避(さ)けなければ!」。その瞬間、彼は「姿勢維持(いじ)」モードに切(き)り替(か)えました。誘導(ゆうどう)コンピューターが自動操縦で降下速度をコントロールする間、アームストロングが水平方向の速度をコントロールしてクレーターを回避(かいひ)しました。コンピューターと人間の、息のピタリと合った二重奏。「オーケー、良さそうな場所がある! 行くぞ!」

     人類史上最初の月面へのばく進が、クライマックスを迎(むか)えました(図)。(つづく)


    的川泰宣(まとがわやすのり)さん

     長らく日本の宇宙開発の最前線で活躍(かつやく)してきた「宇宙博士」。現在は宇宙航空研究開発機構(JAXA)の名誉(めいよ)教授。1942年生まれ。


    日本宇宙少年団(YAC)

     年齢・性別問わず、宇宙に興味があればだれでも団員になれます。 http://www.yac−j.or.jp


     「的川博士の銀河教室」は、宇宙開発の歴史や宇宙に関する最新ニュースについて、的川泰宣(まとがわやすのり)さんが解説するコーナー。毎日小学生新聞で2008年10月から連載(れんさい)開始。カットのイラストは漫画家(まんがか)の松本零士(まつもとれいじ)さん。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

    2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

    3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

    4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

    5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです