メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・ライブ

ジェイコブ・コリアー 聴衆も即興!音楽は喜び

 <楽庫(らっこ)>

 ジェイコブ・コリアーの登場と同時に始まったコール&レスポンス。演奏前にいきなりやるかと驚くが、これが序曲となり、観客との濃密な一体感は最後まで続いた。

 英国出身の25歳は、音楽一家に生まれ、楽器を遊び道具にして育ち、ひとり宅録からキャリアをスタートさせた。そんな彼の来日公演を見るのは3回目だが、いずれも編成が異なる。最初はソロで、次はオーケストラと共演し、今回はバンドを率いて。共通するのはピアノ、ドラム、ベース、ギターなど複数の楽器を1曲の中で常に持ち替えて演奏すること。その神業のような動きに心が躍る…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  2. 北朝鮮の元クウェート大使代理が韓国に亡命 妻子も同行「子どもにより良い未来を」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです