タトゥーシールで炎症 消費者庁が注意喚起

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
タトゥーシールとフェースペイント=消費者庁提供
タトゥーシールとフェースペイント=消費者庁提供

 ハロウィーンイベントなどを楽しむタトゥーシールやフェースペイントで皮膚のトラブルが起きる恐れがあるとして、消費者庁は「使用上の注意が書かれている商品を選び、腕などの目立たない場所で試してから使ってほしい」と注意を呼びかけている。

 消費者庁が運営する「事故情報データバンク」などに寄せられた被害は、幼稚園児から30代まで計6件あり、うち2件が全治1カ月の重傷だった。ほおにタトゥーシールをはったら炎症を起こした▽フェースペイントで顔から全身に発疹が広がった▽ほおにはっ…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

あわせて読みたい

注目の特集