メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心情宿る蕪村の手紙 兵庫・柿衞文庫で展示

 柿衞文庫(兵庫県伊丹市)は開館35周年記念として、画家で俳人の与謝蕪村(1716~83)の手紙を中心に集めた「蕪村の手紙」展を開催している。

 京都に移住した36歳から亡くなる直前までの手紙33通を年代順に展示。読み下し文が添えられており、内容と照らし合わせて筆跡をたどると、蕪村の心情や背景が透けて…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

  2. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです