メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

低温米倉庫で新米出荷 国内最大規模、本格稼働 三川 /山形

倉庫の完成と初出荷を祝う長沢豊・全農会長(右から7人目)ら関係者=山形県三川町で

 JA全農山形が建設した国内最大規模の低温米倉庫「庄内南部ライスステーション」の本格稼働となる新米出荷式が20日、三川町青山の同倉庫であり、庄内産「はえぬき」と「雪若丸」計24トンを積んだトラック2台が県内の取引先に出発した。

 収容量は約2万5000トンで、室温15度以下を保ち、等級検査棟も併設。県産ブランド米の品質を管理する最新設備で、規模拡大…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです