メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

笑顔を発信、全国の支援に恩返し 楢葉中生が開発、販売 菓子など800個完売 東京・日本橋 /福島

模擬会社で開発したハンドソープを客に試してもらう楢葉中の生徒たち=東京都中央区日本橋室町4の日本橋ふくしま館ミデッテで

 福島第1原発事故で避難し、一昨年春に地元で再開した楢葉町立楢葉中学校の生徒26人が19日、地元産のユズやサケ、サツマイモなどを使って開発した菓子などを東京・日本橋の県アンテナショップで販売した。生徒らは「僕らが考えた商品です」などと道行く人に積極的に声をかけて店内に案内し、古里の魅力や復興へ進む元気な姿を発信。約800個を完売した。

 同校では「キャリア教育」の授業で、全校生徒を社員とする模擬会社「Nalys(ナリーズ)」を昨年設立。町の新たな特産品を作ろうとアイデアを出し合い、地元企業の協力も得て開発してきた。東京での販売は昨秋に続き2回目。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです