メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

開幕戦PV、熊谷熱く ファンゾーン開設、大歓声 /埼玉

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会が開幕した20日、熊谷市本町の「コミュニティひろば」でパブリックビューイング(PV)会場となる「ファンゾーン」がオープンした。10月9日までの計10日間、熊谷ラグビー場での3試合も含め計22試合が放映され、現役ラグビー選手らによる解説やラグビー体験などさまざまなイベントを楽しめる。20日は開幕戦に大きな歓声が上がった。【大平明日香】

 会場南西側には、300インチの大型ビジョンを設置。連日、元日本代表の堀越正己・立正大監督や現役のパ…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文921文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  4. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです