メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海経済

仮想発電所で需給調整 再エネ普及の鍵、次世代システム 全国で実証実験、競争激化 /愛知

 蓄電池や太陽光発電設備など小さな電源をまとめて制御して一つの発電所のように機能させる「バーチャルパワープラント(VPP、仮想発電所)」の実証実験が全国で進められている。天候に左右される風力や太陽光などの電力を補って需給を調整する役割が期待され、再生可能エネルギー普及に向けた鍵を握るといわれる次世代システムだ。2021年度の本格的な実用化に向け、事業者間の競争が激化している。【三上剛輝】

 電力網は需要と供給のバランスが崩れると電気の周波数が変動し、大規模停電につながる恐れがある。これまでは電力会社が主に火力発電による発電量の調整で需給バランスをとってきた。VPPでは、「アグリゲーター」と呼ばれる仲介事業者が点在する各電源を束ねて制御し、電力が余りそうな場合は電気自動車に搭載する蓄電池への充電などを、不足しそうな場合は蓄電池にためた電力の供給などを指示する。蓄電池の充放電で電力需給…

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1209文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  5. 欧州の分岐点 不安な時つぶやきたくなるメルケル語録ベスト5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです