メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海経済

ライオン像、中央に戻る 名古屋三越栄店「インスタ映え」目指す /愛知

13年ぶりに名古屋三越栄店の正面玄関中央に移動したライオン像=名古屋市中区で

 名古屋三越栄店(名古屋市中区)のライオン像が20日、13年ぶりに正面玄関の片隅から中央に戻った。担当者は「『待ち合わせの聖地』だったかつての存在感を取り戻し、再開発計画が相次ぐ栄地区のランドマークになってほしい」としている。

 ライオン像はブロンズ製(高さ87センチ、幅101センチ、奥行き215センチ)で、台座の上に座っている。同店がオープンした1980年に正面玄関の中央に登場して以降、待ち合わせスポットなどとして親しまれた。20…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです