メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三方良しの商品とは? 矢島さん「丹後塾」で講演 与謝野 /京都

参加者からの質問に答える矢島里佳さん(左)=京都府与謝野町岩滝で、安部拓輝撮影

 市町の若手人材を育成する「丹後塾」が18日、与謝野町岩滝で開かれた。府丹後広域振興局が3年前から始めた企画。この日は伝統工芸を生かしたベビーグッズなどを販売する「和える」の社長、矢島里佳さん(31)を講師に「三方良しの商品づくり」について考えた。

 内側に返しをつけてスプーンですくいやすくした器や、…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文340文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 奈良・三宅町の森田町長、育児で時短勤務へ

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. NATO 宇宙を作戦領域に 兵器配備は否定

  5. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです