メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文学に陰あり

半村良「英雄伝説」 出雲の神々とユリの謎 /島根

 架空戦記「戦国自衛隊」や人情捕物帳「どぶどろ」など、SF(空想科学小説)から時代小説まで多彩な作品で人気を集めた半村良(はんむらりょう)(1933~2002年)は、SF的発想で歴史ロマンを描く伝奇SFの開拓者でもある。「英雄伝説」(1973年刊)はその初期の一作で、生き馬の目を抜くような東京のビジネス模様の背後に、古代出雲の神々が浮かび上がってくるという壮大な構えを持つ。

 精気あふれる男性主人公、佐伯は32歳。経営不振かつ無能な社員がのさばる広告代理店のエースとして大手…

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1256文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  3. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  4. 茨城・那珂川 氾濫発生情報出さず 巡視員通報・職員確認も生かせず 国交省関東地方整備局

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです