メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

豚コレラ、窮余の方針転換 感染拡大、ワクチン接種 異例の流通制限、輸出に支障の恐れ

豚コレラのワクチン接種に関する会議の後、記者会見する江藤拓農相=東京都千代田区で2019年9月20日、滝川大貴撮影

 豚への感染が6県に広がり、既に13万頭超が殺処分された豚コレラの対策として、江藤拓農相が20日、従来の方針を転換して養豚場の豚へのワクチン接種にかじを切った。ただワクチンは万能ではなく、さまざまな課題も残る。最初に豚コレラが確認されてから既に1年が過ぎており、窮余の策に対して豚が感染した県からは「遅すぎる」との不満の声も上がった。

 「大きく状況が転換した」。江藤農相は20日の緊急記者会見でワクチン接種の判断理由を説明した。農水省…

この記事は有料記事です。

残り2151文字(全文2368文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです