メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

千葉停電、甘い想定重ね 東電、事前準備足りず

 9日に上陸した台風15号の影響が長期化している。停電の復旧作業を阻む原因に倒木が挙げられているが、東京電力の備えも不十分だった可能性がある。市町村を支援すべき千葉県も初動が甘く、被災自治体は今なお被害の全容をつかめていない。国の対応も後手に回っており、被災者の生活再建に遅れが生じかねない状況だ。

 「エアコンが十分に使えず、入所者も職員も疲弊していった」。台風15号の影響で13日昼まで停電が続いた千葉市若葉区の特別養護老人ホームの男性施設長(50)は振り返った。

 停電が始まったのは9日未明。翌日、付き合いのある業者から自家発電機を借りられたものの燃料が限られ、…

この記事は有料記事です。

残り2701文字(全文2984文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです