メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク、パ・リーグ制覇 3年ぶり19回目

キリバス、台湾と断交 蔡政権7カ国目 中国、影響力拡大

キリバスとの断交を受け、記者会見する台湾の呉釗燮外交部長=台北市の外交部で2019年9月20日、陳瑞涓撮影

 南太平洋の島国キリバスは20日、台湾と断交した。近く中国と国交を樹立する見通し。今月16日にもソロモン諸島が台湾と断交しており、台湾は今週、2カ国との外交関係を立て続けに失った。2016年5月の蔡英文政権の発足後、断交はこれで計7カ国。台湾と外交関係を持つ国は残り15カ国となり、過去最少を更新した。

 中国としては、10月1日の建国70年を前に、台湾と外交関係を保持していた国を相次いで切り崩し、外交攻勢を強めた形だ。また来年1月の台湾総統選を前に、独立志向のある民進党の蔡政権を揺さぶり、台湾有権者の間に蔡氏に対する批判が強まるのを期待しているとみられる。

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1163文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  3. スイッチとセットの「リングフィット アドベンチャー」 11月20日発売へ 任天堂

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです