メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教訓はどこに

東電強制起訴判決/中 津波対策「内幕」明らかに

判決後、記者会見する指定弁護士の石田省三郎弁護士(中央)ら=東京・霞が関の司法記者クラブで2019年9月19日、吉田航太撮影

 2008年7月31日、東京電力福島第1原発の津波対策を担当する社員らが、武藤栄元副社長(69)と向き合っていた。手元の資料には「原発に押し寄せる津波が最大約15・7メートルになる可能性がある」とあった。

 試算は政府の地震予測「長期評価」に基づいて算出され、対策工事には数百億円が必要とされた。約30分の面談で、工事の必要性を説明した社員に対し、武藤元副社長は首を縦には振らず「研究をやろう」と返した。長期評価の信頼性を外部の専門家に改めて検討してもらおうという趣旨で、対策工事が実施されることはなかった。

 原発事故の3年前には、東電の津波対策担当者らは巨大津波対策を経営陣に進言していた。これまで知られて…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです