メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

クラフトジン 深まる個性、秋の一杯

宍倉健太さん

 <くらしナビ ライフスタイル>

 小規模な蒸留所が造る洋酒「クラフトジン」の人気が高まっている。英国で始まったブームが日本にも上陸し、国産品も相次いで登場している。独自の製法で造られたジンをバーで味わったり、好みの一本を見つけて自宅で楽しんだりできる。

 東京都千代田区のバー「Cocktail Works(カクテルワークス)神保町」は、国内外から集めた約180種類のジンを扱う。ラベルや形もとりどりなボトルが並ぶ同店で、宍倉健太店長(31)に、お薦めの品やおつまみを聞いた。

 ジンはトウモロコシや麦芽などを原料とした原酒に、ジュニパーベリー(ネズの実)を中心とした「ボタニカ…

この記事は有料記事です。

残り1785文字(全文2072文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです