連載

食・FOOD

季節や年中行事をテーマにレシピをご紹介します。

連載一覧

食・FOOD

クラフトジン 深まる個性、秋の一杯

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
宍倉健太さん
宍倉健太さん

 <くらしナビ ライフスタイル>

 小規模な蒸留所が造る洋酒「クラフトジン」の人気が高まっている。英国で始まったブームが日本にも上陸し、国産品も相次いで登場している。独自の製法で造られたジンをバーで味わったり、好みの一本を見つけて自宅で楽しんだりできる。

 東京都千代田区のバー「Cocktail Works(カクテルワークス)神保町」は、国内外から集めた約180種類のジンを扱う。ラベルや形もとりどりなボトルが並ぶ同店で、宍倉健太店長(31)に、お薦めの品やおつまみを聞いた。

 ジンはトウモロコシや麦芽などを原料とした原酒に、ジュニパーベリー(ネズの実)を中心とした「ボタニカル」と呼ばれる素材で香り付けした蒸留酒だ。宍倉さんによると、英国では2000年代からジンの流行が始まった。背景には、世界的にウイスキーの人気が高まり、原酒が不足したことがある。同じ機材で造れる蒸留酒で、ウイスキーと違い熟成が不要で早く商品化できるジンを手がけるメーカーが増えたのがきっかけだった。

この記事は有料記事です。

残り1637文字(全文2072文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集